「恋愛をすると綺麗になる」この言葉を耳にする人は多いのではないのでしょうか。

実際、「最近あの子はなんだか綺麗になったな」と思って本人によく話を聞くと、「彼氏ができた」とか「好きな人ができた」という事実がありますよね。

自分自身も恋愛をすると、化粧品を変えた訳でもないのになんだか肌つやがよくなって綺麗になったと美容の効果を感じることってありませんか?

なぜ、人は恋愛すると綺麗になるのでしょうか?

そのメカニズムを解いていきましょう。

恋愛をすると、女性ホルモンも美しくなる

誰かを好きになったり、ドキドキしたりというときめきがあると、女性ホルモンが刺激されて綺麗になるという事実があります。

そのホルモンとは主に4つあります。

1つ目は「PEA」(フェニルエチルアミン)というホルモンです。

これは脳内に分泌されているホルモンで、恋をすることで沢山分泌されていきます。

脳内に分泌されていくことによって、気持ちが前向きになり、頭も冴えて身も心も軽くなり、ハッピーオーラでいっぱいになります。

また、食欲を抑える効果もあります。

我慢しなくても知らないうちに自分でカロリー制限をすることができるのです。

結果的に、体重も減りスッキリボディへと導いてくれるのです。

2つ目のホルモンはエストロゲン。

このエストロゲンが多く分泌されると、皮脂腺の働きを抑えるので、ニキビや肌荒れが起こりにくくなって、肌につやが出るという美容効果があります。

また、ウエストを引き締めてバストアップさせてくれる効果もあるんです。

3つ目のホルモンはドーパミン。

ドーパミンというワードは耳にしたことがある人もいるかもしれませんね。

恋愛をすると、このドーパミンが大量に分泌されるのですが、
大量に分泌されると、相手のことがより一層愛おしくなるという感情が生まれます。

交感神経が刺激されることで、目もとがスッキリし、目が大きく見えるという効果もあります。

4つ目のホルモンはオキシトシン。

このホルモンは別名「ラブホルモン」「幸せホルモン」とも呼ばれ、大量に分泌されることで不安な気持ちを抑え、幸福感を高めます。

また、振舞いも上品になりますので、より女性らしくなれるんです。

コミュニケーションも円滑になるので、人間関係も円滑になります。

まとめ

いかがでしたか?

恋愛をすると上に挙げた4つのホルモンが刺激され、綺麗になるということが分かりました。

恋愛にはどんな美容液にも叶わない、綺麗になれる秘密が沢山隠れています。

なかなか恋愛できないという人でも、1つ目に挙げたホルモン「PEA」はチョコレートやチーズ・ワインの食べ物にも含まれていますので食べ過ぎない程度に摂取すると良いですよ。

※素敵な恋人探し、今から始めませんか?「安心安全な出会い系サイト、アプリおすすめランキング2018【ラブサラダ】